忍者ブログ
TOP PAGE MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
吹奏楽団Festaによるブログです
<<12 * 01/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  02>>
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
吹奏楽団Festa
性別:
非公開
自己紹介:
12/30から1/4までの期間限定吹奏楽団です。
日本全国から、1/4の演奏会のためにメンバーは集まります!
こんにちは、吹奏楽団Festaです。
今日は、今年のFestaがどのように出来上がっていったのか、ゆっくりとレビューするシリーズの第4日目をお送りいたします。

今日の練習予定は写真のとおり。

随所に「通し」という単語が出てきます。

それもそのはず、翌日1月3日には、ゲネプロがあります。
その前に一度通し練習を行い、各自が曲を通したときの課題に向き合い、
録音視聴して客観的に修正ポイントを認識するために、必要な過程です。

宇宙の音楽は、昨日までの細かい練習が功を奏し、いい感じになりつつあると各自が手ごたえを感じていました。
そして、ある程度形になってきたからこそ見える、新たな課題。
この難曲を5泊6日の合宿だけで本当にやるのか。
その答えは確実に見え始めてきました。
(まだまだ、油断はできませんが)


そしてトスカも通しを行いましたが、こちらの課題はまだまだ山積しています。
演奏面が気になる中ですが、並行して様々な演出面が固まってきました。

午前中に行ったピストル射撃訓練。
ホールで使用するには、消防署への申請も必要なため敬遠されることも多い楽器ですが、
当団では、そういう特殊楽器こそ、積極的に取り入れて演奏しています。

トスカのクライマックスで使用するピストルも、入念にチェックが入ります。


このピストル、運動会等で使用される「スタートピストル」を使用しています。
火薬も、通常のものだけでなく、
小学生等のために音量を抑えたものも事前に用意していたため、音量・発砲数などを確認しました。

実は、ここに一つ裏話が。
初回合奏時、打楽器チームから、「事前に用意したスタートピストルだけでは足りないのでは」という危惧の報告があったため、12/30の夜に急きょ、アマゾンにてスタートピストルを購入。

12/31発送、1/1到着予定と表示されていたものの、
本当に届くのか心配でしたが、無事(すごいですね!)。
結果、手配したものを含む4丁のスタートピストルが採用されることとなりました。


そんな一日の練習終了後。
濱本からこれまで最も練習時間の少ないであろう「時計台」について、「解釈が固まった!絶対良い演奏ができる!」との宣言が飛び出します。
その発言にメンバーは沸きましたが、その直後に残業が課せられ、ややブーイング(汗)。
およそ20分ほど、濱本から解説が施されました。

ちなみにその解説を踏まえた合奏はゲネプロまでありませんでした。
翌日のスケジュールを踏まえた上での残業は、音楽に妥協しない濱本の一面が垣間見えた瞬間でもありました。

なぜ残業でブーイングが出たのかというと。
この日の夜は「前日は全員就寝時間が設定」され、
一方で「翌日は本番前日」という間に挟まれた夜。
楽団内のコミュニティが成熟した中で、一番羽を伸ばせる日だったからです。
案の定、この合宿一番の大盛り上がりを見せた夜でした。

数々の交流企画もありながら、親睦を深めるメンバーたちがいる一方、
納得できるまで練習する音も深夜まで鳴り響く。
フェスタらしい一夜が更けていったのでした。

---------
【お知らせ】
当団の演奏が気になる方は、ぜひYoutubeにてお楽しみください!
吹奏楽団festaチャンネル

チャンネル登録も、ぜひお願いします♪

拍手[3回]

PR
こんにちは、吹奏楽団Festaです。
今日は、今年のFestaがどのように出来上がっていったのか、ゆっくりとレビューするシリーズの第3日目をお送りいたします。

世間は元旦ですが、この施設にはまったくそんな気配はありません。
しいて言えば、朝食にお雑煮が出たことくらいでしょうか(笑)

今日のスケジュールは写真のとおり。

非常に細かい分奏と合奏が続きます。

時間配分は必然的に、トスカと宇宙が多くなり、例年以上に細かい練習が設定されました。
課題をミクロなところから丁寧に消化していく作業が続きます。

加えて、ついにチームADによる「ビッグ・バン プロジェクト」が発動します。

当初は「ビッグ・バンを起こしているところを指摘して、練習してもらう」という方針でしたが、
気が付けば「これを重点的に練習しましょう」というアドバイスに変化。

加えて、この課題リストを施設各所に掲示するつもりでいましたが、
ここは、笑いを大切にフェスタクオリティの発動。

なんと、メンバーの背中に貼り付けたのです!!


これには、メンバーも大ウケ。
各人がこぞって写真を撮っていました。

そして。
その写真を見返しながら、書いてある課題を冷静に読んでいました。

5泊6日の合宿で、通常の楽団のような根詰めた練習が続くとメンタルが崩壊しかねません。
そこで、いかに合宿期間中に「大笑い」して、気持ちをほぐしながら、音楽に専念するか。

そういったフェスタ流の「笑顔を大切にしながら、音楽に専念する」というスタイルを
良く理解したチームADの会心のネタにより、
少しずつ、でも確実に状況は右肩上がりの様相を醸し出しはじめたのでした。


そして、21:30に練習は終了。
終礼後には、いつものようにパートリーダーと指揮者が集合していました。
ここで、指揮者とパートリーダーの意見交換会が行われます。
主体性を持ったパートリーダーと指揮者の会議はおよそ10分程度。
この会議を経て翌日の練習計画が立てられるのです。


その一方で、今日は合宿の中日。
学級委員主導の26時完全就寝の日でもあります。
昨夜とうってかわって、合宿所内は貴重な時間を有効に使おうと、
ギリギリまで練習する人、交流を深める人、人ぞれぞれに時間を過ごし、
26時には、この合宿一番の静寂の夜を迎えることになるのでした。

---------
【お知らせ】
当団の演奏が気になる方は、ぜひYoutubeにてお楽しみください!
吹奏楽団Festaチャンネル

チャンネル登録も、ぜひお願いします♪

拍手[2回]

こんにちは、吹奏楽団Festaです。

今日は、今年のFestaがどのように出来上がっていったのか、ゆっくりとレビューするシリーズの第2日目をお送りいたします。

7:20
近年恒例の館内アナウンスによるモーニング・ラジオでスタート。

8:00 朝食、個人練習
朝食時に、本日のスケジュールが発表になります。


合宿の午前中は、基本的に個人練習・パート練習の時間に充てられます。
その合奏を学級委員が録音し、スタッフが編集し作成したCDが録音視聴室に置いてあるだけでなく、
Youtubeにも限定公開されているため、演奏するばかりでなく、口を休めながら合奏の復習をする時間にも充てる人もいます。


またこの午前中は、比較的学級委員が活躍する時間でもあります。
各パートを回ったり、通りすがりの人たちの様子を見ながら、
体調不良者だけでなく、メンタル的に疲れていそうな人も素早く対応してくれます。

12:00 昼食
13:30 午後コマ開始

午後になり、いよいよ合奏スタート。
「大草原の歌」を丁寧に合奏したのち、「宇宙の音楽」にしっかりと時間を割きます。
特に、早い部分「小惑星帯と流星群」は多くの時間が割かれました。
指揮者の田中は、一番練習しないといけないところだからこそ、明日以降のパート練習・分奏が効果的になるよう、
多少カタチが見えるところまで丁寧に詰める作戦に出たようです。

17:00 午後コマ後半戦
そして30分の休憩後、トスカの合奏が始まります。
しかし、前日の合奏で色々解説した部分の浸透度が低かったこともあり、
宇宙の音楽以上に難航しそうな気配がはっきりと見えてきます。

宇宙の音楽含め、あちこちが「崩壊」している状況が浮き彫りになると、
「崩壊→大爆発→ビッグバン」と新語が誕生すると同時に、4人のメンバーが立ち上がります・・・。
(続きは次回以降のお楽しみ)

19:30 練習終了
21:00 年越しパーティ開始

カウントダウンまで残り3時間になった頃。
施設の玄関前エントランスを利用した、年越しパーティが開催されようとしていました。

立食パーティスタイルで歓談ののち、各パート単位を中心にアンサンブル演奏が次々と披露されます。


いつの間に練習していたの??と思うほど、どのパートもレベルが高く、初参加の人はみな仰天する恒例行事なのですが、
今年は例年以上に小ネタ満載の笑い納めなアンサンブル大会になりました。

そんな中、年越し10分前にアンサンブルは一時中断。
大急ぎで乾杯用の飲み物が配られ、年越しそばが配られると、雰囲気は一気にカウントダウンに向かいます。
エントランスにある大型モニターに、東急ジルベスターコンサートの様子が映し出されます。
そう、当団は音楽団体らしく、ジルベスターコンサートのカウントダウンで年越しします。


今年はカウントダウンに120人のどよめきが起き、大盛り上がりの中の年越し。
周りの誰彼かまわず乾杯しあう時間が続きました。

そして、再び年越しアンサンブルは再開。
最後に全体写真を撮影ののち、解散となりました。


しかしながら、会場では引き続き談笑する人多数。
それもそのはず、緊張感漂う5泊6日の合宿の基幹中、唯一楽団全体の緊張感が緩む夜なのです。

初参加の人も少しだけ緊張がほぐれ、
過去複数回参加しながらも、これまで話したくてもできなかった人同士が会話を交わし、
明日からの練習に向けて、一体感と連帯感を高めつつ、みんなで羽を伸ばす時間はまだまだ続くのでした。

---------
【お知らせ】
当団の演奏が気になる方は、ぜひYoutubeにてお楽しみください!
吹奏楽団Festaチャンネル

チャンネル登録も、ぜひお願いします♪

拍手[1回]

こんにちは、吹奏楽団Festaです。
今年も無事、New Year Concertを開催することができました。
ご来場のお客様、関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。

出演者の皆様は絶賛Festaロスのご様子ですし、
今年のFestaがどのように出来上がっていったのか、ゆっくりと振り返ってみたいと思います。

★12月30日
フェスタ合宿の集合方法は大きく二つ。
一つは現地集合、もう一つはJR京都駅集合。

京都駅集合は、京都駅に手配した観光バスにて合宿所まで向かいます。
集合時間は11時。55人乗りのバスにコントラバス2台と46人+担当スタッフ1名が乗車し、一路合宿所へ向かいます。

前々日からの積雪により、途中冬用タイヤ確認渋滞に巻き込まれながら、
13:30過ぎ、合宿所にバスが到着。
14時から入所式が行われたのち、パート単位での顔合わせ。

15:30から初回合奏スタート。
(この時点で既に本番まで5日を切っています)


1部後半の大草原の歌を丁寧に55分かけて合奏、その後、宇宙の音楽の合奏と続きます。

宇宙の音楽の初回合奏の印象は「正直、5泊6日じゃ無理じゃない?」
スーパーパート練習が必要だ、と皆が一気に危機感を持ちます。

夕食を挟んで、19:30からは、トスカの初回合奏。
この段階で、指揮者の濱本は本番でどのように振るのか、どのように音楽を作るのかが明確だったため、
ここは●拍で振る、ここはリタルダンドをかける、と音出しよりも解説が圧倒的に多い合奏となります。

楽譜に記載されたテンポ変化以上に、自然な緩急(アゴーギグ)が多いため、
初回合奏は、ほとんどこの「解説」に費やされました。
この初回合奏に伝えられた大量の情報の理解度が、この合宿の成否を分けることになるのですが、この時は・・・。


そんな初回合奏後、施設では個人練習をする人、再開の杯を交わすもの、比較的初参加の多い若手の交流会に参加するもの、
思い思いに時間を過ごしながら、夜は更けていきました。

---------
このような形で、今回のフェスタ2019のレビューを連載していきます。
次回の更新をお楽しみに!

【お知らせ】
当団の演奏が気になる方は、ぜひYoutubeにてお楽しみください!
吹奏楽団Festaチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCyNpP_4uzlbyT30t7nBlPbA

チャンネル登録も、ぜひお願いします♪

拍手[2回]

忍者ブログ [PR]
 ByFilm