忍者ブログ
TOP PAGE MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
吹奏楽団Festaによるブログです
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[09/10 http://compagniesdassurance.info/assurance-temporaire-fourgon.html]
[09/10 http://offresdepret.info/a-combien-est-le-taux-immobilier-en-belgique.html]
[09/10 http://www.pretpersonnel.top/]
[09/10 http://creditenligne.top/pret-personnel-taux-bas-fixe.html]
[09/10 http://assurancevoiture.pw/arreter-assurance-spb.html]
HN:
吹奏楽団Festa
性別:
非公開
自己紹介:
12/30から1/4までの期間限定吹奏楽団です。
日本全国から、1/4の演奏会のためにメンバーは集まります!
こんにちは!吹奏楽団Festaです!!
すっかり秋の気配が漂い始めましたね。

Festaは、この時期に毎年過去参加者に案内状を送付します。
そのための準備に、本部は毎日バッタバタです(汗)。
(メンバーの皆さん、チーフマネージャーからのメールが行ってますのでチェックお願いします!)

そんな日々の感覚は、まさにスクーターの如く。
というわけで、今日はホルジンガー作曲の「スクーティン・オン・ハードロック」です。

Scootin' on Hardrock

ハードロックらしい、激しい曲調です!

・・・と言いたいんですが、
実はハードロックとは、テキサス州のダラス/フォートワース空港の南にある道の名前です。

そして、スクート(Scoot)とは、バイクの「スクーター(Scooter)」と同じ「疾走する」という意味。

つまり、この曲のタイトルを直訳すると「ハードロック通りを疾走する」という意味です。


この曲を聴いて、どんなイメージを持ちますか??
きっと、都会のハイウェイを疾走するような印象ですよね。

ですが、実際のハードロック通りはこんな感じです。
ハードロック通り(Google Map)

え。
ただの農道じゃないですか・・・。

作曲者は「かつてロックアイランド鉄道が走っていた頃、(現在の事務所の近くにある)シェディ・グローブのメインストリートはハードロック通りだった」
と言っていますが、いくらなんでも、ここを疾走してもこんなイメージの曲にはならないですよね。

仕方がないのでいろいろ調べてみると・・・ヒントを見つけました。
それは、ホルジンガーさんのホームページ。
David Holsingerさんのホームページ

そう、鉄道模型です。よくわかりませんが、たぶんかなり大きくかつ本格的。

つまり、かつてのメインストリートをイメージしたジオラマが頭の中によぎったのでしょうね。
指の爪くらいの大きさの人が高速移動している様子をイメージすると・・・

それっぽく聞こえませんか?

作曲者に確認したわけじゃないので、本当かどうかはわかりませんが、
こうやってイメージするのも音楽の楽しみ方の一つですよね。

次回もお楽しみに!

拍手[0回]

PR
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
絵文字: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント:
パス:
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません
忍者ブログ [PR]
 ByFilm